ノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプー、どちらが悪でどちらが良い??

ノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプー、どちらが悪でどちらが良い??

ノンシリコンシャンプーが巷で人気急上昇!
その影響で「ノンシリコンは良い!」「シリコン入りはダメ!」という先入観を持ってしまっている人が多数いるんですよね。

 

でも実はシリコンシャンプー自体は「悪」ではないんです!
今さら人に聞けないシリコンとノンシリコンの秘密を教えちゃいます♪♪

 

★シリコンって何なの!?

 

ノンシリコンシャンプーが登場してから一気に知名度が上がった「シリコン」
結局のところ、シリコンはシャンプーにしか使われないものなの?というと、それは違います。

 

シリコンはケイ素に科学的な処置を加えた合成樹脂のこと。人体に影響がないことが認められているので食品の加工や医薬品などにも当たり前のように使われているんです。

 

シャンプーはもちろん、普段から使っている日焼け止めや化粧品などにもシリコンが使われています。

 

シャンプーにシリコンが配合される理由としては「指通りを滑らかにすること」
そして「摩擦による髪のダメージを軽減させること」

 

シリコンが配合されているシャンプーを使うと髪の毛がしっとりまとまるようになるので、髪をボリュームダウンさせたい…という人は実はシリコン入りのシャンプーを使った方がいい場合もあるんです。

 

★ノンシリコンは何故人気??

 

少し前まではシリコン入りシャンプーが当たり前だったのに、ノンシリコンシャンプーって急激に人気が高まったと思いませんか?

 

最近では自然派志向の人やオーガニック志向の人が増えてきたのも大きな理由。
天然成分を使ったシャンプーが大々的に売り出されたので、加工されたシリコンは「悪」というイメージがついてしまったんですよね。

 

スカルプケアも注目を集めているので、洗い残しがあると毛穴に詰まりやすいというシリコンは使わない方がいい!という意見ももちろんあります。

 

ただ、シリコンシャンプーはシャンプー中の摩擦を減らしたり、ドライヤーの熱から髪を守ってくれたり、しっとりまとまりやすい髪にしてくれるので、一概に「ノンシリコンじゃないと髪に悪い!」というわけではないんです。

 

ノンシリコンシャンプーには、洗い上がりをサッパリさせたり髪のボリュームをアップさせる効果などもあるので、どちらが良い、悪い、ではなく、自分の理想の仕上がりになるシャンプーを選ぶのが正しいシャンプーの選び方。

 

それぞれにメリットがある事をしっかりと理解してシャンプー選びを楽しんでみてくださいね♪